公営霊園は抽選もしくは先着順で募集を行う

hnhtrhtsqw
公営霊園というのは都道府県並びに市区町村が運営を行っている霊園のことを言います。公営霊園の場合は区画の募集時期が決まっているので、その時期に申し込みを行う必要があります。公営霊園を利用したいというのであれば募集時期を知っておく必要が出てきます。公営霊園の募集形態は抽選もしくは先着順の2通りがありますので、今回はそれぞれの特徴について紹介していきます。

先着順というタイプがある

大規模霊園や募集区画が多い霊園の場合は先着順という形式が多いです。先着順というのは申し込みを行ったところから募集区画が埋まっていく形式で、申し込みが早ければ早いほど自分たちが好きな区画を申し込むことが出来ます。随時募集と記載されている霊園においても、申し込みを行った順番に区画が獲得できます。
先着順のデメリットとしては募集時期を把握していないと、申し込みに出遅れてしまうことと区画が完売してしまうということがあります。

抽選というタイプがある

募集区画が少ない霊園に関しては抽選という形式が多くなっています。抽選形式というのは募集期間中に申し込みを受け付けた後で、後に抽選によって区画を手に入れることが出来る人が決まります。区画よりも応募した人が少なければ抽選なしでそのまま霊園が使用できますが、抽選になりますと選ばれた人しか使うことが出来なくなります。特に都市部では競争率が高くなっており、公営霊園が使用できない人が多くなっています。

公営霊園は人気がある

公営霊園はやはり人気がありますので、区画を売り出す募集時期をあらかじめ知っておく必要があります。希望する霊園での募集形態が先着順なのか抽選なのかによっても区画の決まり方が異なっていきますので注意してください。
公営霊園というのは都営霊園や市営霊園など公的機関が運営している霊園のことを言います。霊園を使用する料金などが民営霊園や寺院墓地などの霊園に比べて比較的安くなっているということから、とても人気が高い霊園の形態になっています。

申込期間に注意する

nfgrgeagr
公営霊園はとても人気が高いということから、空き区画がすぐに埋まってしまうということがあります。そのことから、特定の期間だけ申し込みを受け付けたりしています。そのため、公営霊園でお墓を建てたいというのであれば、申込期間に注意する必要があります。申込期間がいつになるのかという情報をつかむ必要があります。

霊園がある地域に一定期間以上住んでいる必要がある

一部の公営霊園では永代使用料が割高になることを条件に、他地域の住人であっても申し込みができる所がありますが、基本的にはその地域に一定期間以上住んでいないと申し込みができないことが多いです。

すでに遺骨を持っている必要がある

公営霊園では今お墓を建てる必要がある家族を対象にしていますので、基本的にはすでに遺骨を持っている家族でないと申し込みができないです。最近話題になっている生前にお墓を建てるというニーズには答えることが出来ないことになります。また、公営霊園では区画を獲得したら1年から2年以内にお墓を建てることが求められます。霊園に建てるお墓費用が気になる方は色々なホームページを見て参考にしましょう。

公営霊園はとても人気がある

公営霊園は宗教の制限がなく、石材店を自由に決めることが出来、永代使用料が割安ということもありとても人気があります。しかし、公営霊園はそこに住んでいる住民が利用するものという前提があるために、申し込む時に上記のような制限があったりしますのでよく注意しましょう。