霊園にかかる費用

霊園を購入するというのはお墓を建てるための区画を購入する事です。区画を購入するだけでは意味がありませんので、最終的にはそこにお墓を建てるということになります。要するに、霊園を購入するためには土地の権利に当たる霊園を利用するための価格と共に建物の権利に当たるお墓を建てるための価格の2つが必要になります。

霊園を利用するための価格は大きく分けて2つある

霊園を利用するためには永代使用料と呼ばれるその区画を無期限で土地を借り、お墓を建てることが出来る権利が必要になります。お墓はどこでも建てられるわけではありませんので、まずは霊園の区画を借りる必要があり、その使用料に当たる永代使用料を支払う必要があります。
永代使用料は契約を結んだ時の1回だけ支払えばいいですが、霊園の共有部分のメンテナンスのために使用する管理費については毎年支払う必要があります。管理費は1年ごとに支払うのか数年まとめて支払うのか霊園によって違ってきますので、よく確認してください。

お墓を建てるための価格は大きく分けて3つある

霊園だけではただ土地の権利を得ただけです。お墓を建てるための価格がどうしても必要になり、相場で言うと150万円近くはかかります。お墓を建てるための価格というのは大きく分けて3つあり、1つ目は石の購入費で、2つ目は外柵と納骨館で、3つ目はお墓を建てるための工事費です。この3つのバランスによってお金のかかり具合が違ってきますので気を付けてください。

両方合わせると200万円程度になる

以上見てきた通り、霊園にかかる費用というのは両方合わせても200万円程度にはなります。そう考えると高い買い物になりますので、慎重に決めていかないといけないことが分かります。

関連する記事

  « 前の記事: を読む