霊園とはどういうところか

霊園というとお墓が並んでいるところという印象を持つ人が多いのではないでしょうか。確かに霊園というのはお墓を建てる場所ではありますが、最近はそれだけでなく緑を多くしたり、公園として整備されているところもあるなど霊園と言っても個性あるところが増えてきています。

まずはどんな霊園にお墓を立てるかを考える

現在の法律で、お遺骨の埋葬というのは自分が所有している土地であっても自由に行っていいというものではありません。お墓を作るとしたらどこに建てるかという観点ではなく、どこの霊園に建てるかということからスタートします。そのためお墓を建てるための霊園選びというのはファーストステップとしてものすごく重要です。

霊園の3つの種類の特徴を把握する

霊園には大きく分けて3つの種類があります。1つ目は寺院が運営している寺院霊園、2つ目は民間企業が運営している民間霊園、3つ目は都道府県や市区町村などの地方自治体が運営している公営霊園です。この3つの種類というのは全然特徴が違ってきます。特徴の違いによって使いやすさというものが違ってきますので、それも含めて家族でよく話し合って決めておいたほうがいいです。

衝動買いするべきものでない

霊園にしてもお墓にしても衝動買いをしたところで全く意味のないものです。お墓になると一生に一度どころか数世代で一度しかないかもしれませんので、後世にも残すためにも自分たちに合った霊園であったりお墓を見つめるべきです。

最高の霊園を見つけるべき

まずお墓を建てる場所である霊園を決める必要があり、それが進まないとお墓が作れないです。自分たちだけでなく先祖や継承する子供のためにも良い霊園を見つけることは大切です。

関連する記事