霊園の使用規定をしっかりと読んでおく

霊園にはどんな形態であれ使用する時にいろいろな規則というものがあります。霊園の規則に当たる使用規定に外れた使用をした場合には、霊園が使用できなくなったり、場合によっては返還が求められるということもありますので、霊園を決める際には使用規定をじっくりと読んでチェックしていきたいものです。

宗教や宗派の規定があるか確認する

公営や民営については宗教や宗派による規定はそれほどあるわけではありませんので、どんな宗教であってもどんな宗派であっても問題ないことが多いです。寺院についてはその寺と同じ宗派でないと入れないことがありますので注意してください。

石材店や墓石の指定があるか確認する

民営や寺院の場合は指定石材店から墓石を購入する事が多いのに対して、公営の場合は自分たちで石材店を選ぶことが出来ます。墓石についても形や大きさの規定があることがありますので、建てる際には注意したほうがいいでしょう。
霊園の区画を手に入れたら、いつまでに墓石を建てなければいけないのかという規定があったりします。墓石はまだ建てなくても良かったとしても外柵だけは少なくてもいつまでに整備しないといけないという規定があったりもします。

納骨するべき遺骨があるかどうか確認する

納骨するべき遺骨が無くても霊園の契約が出来たりしますが、公営の場合はそもそも遺骨が無いと申込すらできないような霊園が多いです。公営以外であれば生前に霊園と契約しても構わないということになります。

霊園の使用規定を読んでおかないとトラブルになる

霊園の使用規定についてはしっかりと読んでおかないと使用できなくなったりします。そもそも使用規定を守らないと後々になってトラブルが起きたりしますので、契約する前にチェックしておきましょう。

関連する記事